スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはジャズでも

2010年11月28日 20:49

ニコ動で暇を潰してたらこんな動画を発見しました。



マクロスFの星間飛行をジャズアレンジしたもので

演奏されている方達は、その筋では有名な、ラスマス・フェイバーさんが

集めた方々だそうです。

とりあえず、聞いてみてはいかが?

個人的に、カウボーイビバップとか好きなのでジャズ系の

音楽って元々好きだったりします。(関係ないかもしれんが)

とりあえず、バイトに受かって給料出たら注文しよう



↓ラスマス・フェイバー概要
以下 ニコニコ大百科より転載


ラスマス・フェイバー(RASMUS FABER)とは、スウェーデン出身のDJ、プロデューサー、ピアニスト、ソングライターである。

概要

 父はバリトン・サックス奏者のグンナール・ベリィステーン。10代の頃はジャズ・ピアニストとして活躍する。 

 ミュージシャンとしてプロ活動をし始めたときはピアニスト兼アレンジャーとして、スウェーデンのポップスやジャズ・アーティストのプロデュースなどをしていたが、友人であるハウス系アーティストのレコーディングに参加したことをきっかけにハウス・ミュージックを作り始めることとなる。

 他のハウス系アーティストとは違いジャズなどをバックグラウンドとする洗練された音楽センスが功を奏したのか、デビュー・シングル「Never Felt So Fly」がいきなりの大ヒットを記録し、その後、自身のレーベルFarplane Recordsを立ち上げた後も、「Ever After feat. Emily McEwan」「Come With Me feat. Melo」などのフロア・ヒットを連発し、他アーティストからのリミックスのオファーも殺到した。

 日本においてはラスマスのシングル・コレクション『So Far』が2004年に大ブレイク、Makai、note nativeなどとともに〈美メロ・ハウス〉ブームの立役者となる。

 2008年にファースト・アルバム『WHERE WE BELONG』、2009年には第3弾『So Far 3』および先行シングルの「Hidden Thoughts feat. Frida」もヒットし、今後も活躍が期待されている。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://warhawk.blog70.fc2.com/tb.php/27-1f8005e1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。